19 avril 2012

このエントリーをはてなブックマークに追加
しばらく更新がなかったのは。。。アクセサリー作りに爆走しておりました (^^ゞ
ようやく苦手な更新作業も終わりホッとひと息(〃´o`)〜”  

少し前に、紹介しようと思ってとっておいた画像で、パリで美味しいお好み焼きを作る方法を紹介します。(海外在住者向け)  

ではまず、フランスで問題のキャベツですが、中華野菜で春しか出回らないこの”とんがり君” もうそろそろ終わりかもしれませんが、チャンスがあればまだあるかも。。中華の八百屋で目を皿にしてお探し下さい。
ok1

ok2








































こちらです。葉っぱは柔らかく甘みがあり日本のキャベツに良く似ています。
さ〜て、年に1回の春キャベツのお好み焼きです。
このキャベツの場合は普通に適当に小さく四角く切ってOK。。。。ちなみに、通常の固いキャベツの場合は千切りにして蒸し焼きにしておき、広島風にします。
このキャベツは千切りの生でも美味しい。普通のキャベツは固すぎるので煮込み用かな〜。
ok4

















問題の粉の味付けは、山芋入りのお好み焼きの素を買って来ても良いです。が。どちらにしてもこの中華で買った海老の乾燥を軽く戻して、みじん切りにして粉に混ぜると良い味が出ます。(乾燥海老は冷凍庫で常備)  適当に卵と塩こしょうを入れお水を少し入れて練ったら、キャベツと混ぜて関西風に。
ok3

















もう一つのポイントは天かすですね。この為に作るのも面倒なので、冷凍庫に入れてある台湾製の海苔を揚げた物(しょっぱいのでこのままでは食べない)で代用しています。Japanese styleとあります。(u_u*) 確かに。。
有り難うございます (*´艸`*)  これを握りつぶすと。。海苔味天かす〜ですね。。。ぱらぱらとトッピング
ok5

















で、こんな感じ。。今回は突然だったのでネギを切らしていて,韓国パセリでまぎらわしましたが、やっぱりおネギの方が美味しいです!! お肉の代わりにちくわ(冷凍保存)を入れて(以外と味が出る)  後はおたふくソースとマヨ。おかかと青のりでフィニッシュ!! 
ok6 
ちょっと柔らかくなったけど。。おいしい〜っ (⌒〜⌒)
海外にお住いで、美味しいお好み焼きの作り方を試行錯誤されている方、カッパ海老千という強行手段もあるようですが、このやり方も美味しいと思いますよ。
お試しあれ。。(^_^)/


**ついこの間気がついたのですが、拍手欄からコメントを頂いていたのに、メール通知が来る訳でもなく(設定はしているのですが)、返事は何処からしたら良いのか未だ分かりません。この場を借りて、返事出来なかった事にお詫び致しますm(_ _)m



(10:54)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字