20 février 2012

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日は、あお虫君リクエストのチャーシュー麺をオペラへ食べに行きました。
とっても美味しかったです。

しばらくご無沙汰している間に私は何をしていたかというと。。。
原石磨き! ワイヤーアクセサリー作りにハマっていました。というかハマっています(現在進行形)
原石を買ってみると分かるのですが、天然石ビーズに比べるととても高いのです。何故か?? 疑問を持ったのでネットで調べた所、やはり天然石ビーズは人工で作った物や、加工のしやすい石に熱や色々な加工をして他の石の名前として売られているようです。どう考えても細かなファセットなどが入った小さな石が1000円ー2000円で十数個前後買えるなんてね。。。大量生産という事もあると思うけど。。(ー'`ー;)どうなんでしょうね、実際の所は。仕入れてる石屋さんは知ってると思うのですが、余り語ってくれないようだし。。。本当にパワーストーンとしての効力はあるのかな??  まあそういう事もあり、原石を買えば間違いないかと言う所へ行き着きました。 st


















この様な原石を購入して磨くのですが、あっ。ここにある二つは磨いてなかった(-_-;) カーネリアン(仕上がり下画像)は食い込んだ土を取り磨き、フローライトは表面にコーティングがあったので磨きました。 石は濡れた方が綺麗なので、コーティングや色んな加工が施されていてビーズになっている物は殆ど何らかの加工が施されているようです。(もちろん、無い場合もあると思います)原石の場合はbrut(自然のまま)を買っているのですが、時にbrutなのか表示されていない事もあります。 クリソコラの様な脆い石は樹脂加工しないと使用する事が出来ない為にそうしている物もあります。この間買ったクリソコラ(自然のまま)は触る度にポロポロ砕けていくので、何かで固めなきゃなと考え中です。 磨く石は表面に綺麗でないインクルージョン/土や他のクリスタルの付着がある場合にカットして磨きます。 が!! 石なのでダイヤモンドカッターで切らなければならず、大きな専用マシーンは高いし小さな石なのでハンドルーターで切ってペーパーで磨くのですが、これが何時間もかかり、何回もやり直したりしたので何日もかかってしまいました(;゜ロ゜) そして何より手で持って切っているので危険。超危険です〜といいながらやっていましたが。。(-.-) その上、なかなか綺麗に光らない。酸化セリウムやダイアモンドペーストなども買ってはみましたが、市販のビーズの様には光りません。。指先の皮は厚くなり爪は殆ど削ってしまい。。。結果。やっぱり専用の機械が無いとつるつるは無理だし天然石brutなんだからそのままで良しと言う事に。 とりあえずワイヤーの巻き方や材料に慣れる為に、試作したのがこちら。ac



















この画像以降、また外したりして改良されています。。。昨晩作ったのが左のカーネリアン(オレンジ)のアンティーク風ネックレス。上の画像の原石(ルーターで黒い汚れを取りちょっと?数時間ペーパーで磨きました)小さいのはPierre de Soleil/Sand Stone/Gold Stone(ビーズで売られているのは殆どが人工石なのだそう)そして黄色いピヨちゃんは jade jaune 黄色翡翠です。天然と言う事で買っています。長さの調節可能。使用素材は Metal Cuivre 銅 チェーンは鉄と銅(硬質)です。そのうちショップに出します。


他の物は自分で使いながら強度や肌触り、使い勝手の良さなどを考え中。 まだやり直しでワイヤーも捨てる事が多いのですが、そのうちシルバ925のワイヤーで良い物を作っていけたらなと思っています。
どちらにしてもパワーストーンとして使いたい場合は、どの位その石を好きになるかで大きな違い(効果)が出てくるんじゃないかと思います。では、もうちょっと作り込んでそのうちデビューします♪  ではでは (^_^)/   ああ、ハワイ行きたい!!!!!

(08:12)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ao   14 March 2012 17:54
夜な夜な地球のかけらを磨いているわけですね。v
2. Posted by ぶぶ   14 March 2012 22:16
はい、そういう訳です。⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃ ふふふっ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字