12 juin 2011

このエントリーをはてなブックマークに追加
実は1ヶ月前位から、お米のとぎ汁で乳酸菌作りに挑戦していましたが、やっと納得のいく物が出来たのでシェアしたいと思います。それに含まれる乳酸菌や光合成細菌は活性していて腸まで届いていい仕事をしてくれるのだそうで、
これはっ。いいかも〜。と思いついてからかれこれ1ヶ月。。。(-_-;) 
こちらのサイトで詳しく説明されています。

☆飯山一郎のHP☆
豆乳ヨーグルトは,顕微鏡で見ても,乳酸菌の密度が高い.超過密乳酸菌食品だ.しかも元気一杯,活性度抜群!これが腸に届くと腸内乳酸菌(マクロファージ)が増え,次は白血球マクロファージを増やす.この白血球マクロファージがガン細胞をバリバリ食べる!乳酸菌の「抗変異原性」や「腫瘍抑制作用」,平たい言葉で言えば「抗ガン作用」は,今や知らないヒトがいない衆知の事実。

米とぎ汁乳酸菌でよーく発酵させた豆乳ヨーグルトを食前・食後・食間に食べると,あなたの腸内の乳酸菌比率がグーンと高まる.ウェルシュ菌,O157,O111といった悪質な腐敗菌は乳酸菌に食われてしまう.
腸内に乳酸菌がグーンと増えると,なぜか血中のマクロファージが,グググーン!と増えるのだ.この激増したマクロファージが,体内で発生したガン細胞を全て食い尽くすのだ.これが,ガンにならない体質(『光合成細菌&乳酸菌』で放射能浄化!より)

一応私の作ったのをUPしますが
、フランスなので水やお米の澱粉の質などもあり、工夫して改良しています。ご自分で作られる場合、疑問等はこちらをご覧になって下さい。 雑談室

まずは、<用意するもの>
◆空のペットボトル
(500ml、1.5ℓ、2ℓなど、手に入りやすいものでOK)ーー私は1、5ℓ
◆白米(玄米は尚良し)の一番とぎ汁/玄米の場合、水に浸けてる間に中の白米部分からデンプンが溶け出してくる
◆粗塩ーー500mlには5cc(小さじ1)、1.5ℓには15cc(大さじ1)、2ℓには20cc(小さじ1と大さじ1)の粗塩
1、5ℓ=大さじ1(少し少なめの方が飲む場合は良いかも。。)にがりがあればそれも少々
◆黒砂糖 ーー500mlには15cc(大さじ1)、1.5ℓには45cc(大さじ3)、2ℓには60cc(大さじ4)(3ー4日後に入れる)
◆汲み置きの水またはミネラルウォター(フランスの場合は石灰分が多く硬水なのでフィルター水でも苦みがあった。ミネラルウォターだと美味しく出来た。)
1日くらい汲み置いたものや湯冷ましを使えば大丈夫という人も。。
◆米粉ーー私の場合はお米(カルフォルニア米)からあまり澱粉が出なくて何度も失敗したので(米粉、無ければ片栗粉でも/フランスでは中華で安く売っています。米粉と餅米粉)大さじ1を入れたら上手く出来ました。

.撻奪肇椒肇襪墨嚇佑鬚里餐同入れておき、洗米汁を流し込みを優しく上下、左右に振って、中身を良く混ぜ合わせ撹拌させる。(私はここで米粉とにがりを入れます) 乳酸菌は空気を嫌うのでなるべくボトルの上の方まで入れた方が良いようです。(その後は泡が出るので多少吹きこぼれはあります)

△海離椒肇襪魏垢いところに保管する(約30−40℃がキープできるところ)温度が低いと醗酵に時間がかかります。夜はお風呂の浴槽の温かい残り湯に一晩中浸けておくと発酵がとても進むそうです。お天気の良い日には縁側で日光浴をさせると尚良い。時々振って混ぜる(私の場合日本式のお風呂は無いので、夜は発砲スチロールに毛布をかけ、天気のいい日には日が当たっている所へ置きっ放し)これを2ー3日
気体(二酸化炭素)がたまるので、ふたを開けると「(プ)シュッ」という音がします。生暖かい澱粉の匂いがします。澱粉が多く暖かい環境だとボトルの口から溢れるほどの気泡が発生。(下の画像は泡が出始めた所ですがこのボトルには澱粉が入ってい無いのでパンパンに膨らむという事は無く水もフィルター水だったので苦みが残った)
bo2bo1












2ー3日後ボトルが膨らんできて、中身の液体が炭酸水の様にシュワシュワし酸っぱい臭い(でも臭くはない)になったら3%の黒糖(粗糖でもよい)を加えます。500mlには15cc(大さじ1)、1.5ℓには45cc(大さじ3)、2ℓには60cc(大さじ4)の黒砂糖。ときどきボトルを振って中を攪拌。 黒糖を入れてから2、3日で小さな気泡(二酸化炭素)の出方がちょっとおさまります。発酵はまだ続いています。口に含むと違和感の無い強い酸味(しょっぱい+酸っぱい)レモン程は酸っぱくない)を感じることができたら完成。
もう飲んだり噴霧したりしても十分なほど乳酸菌が増えています。(私はこの時点では1、5ℓで黒糖大さじすり切り1です。黒糖を入れてから数日後には色が薄くなるのでまた栄養として足します) ーーこれを1日2杯(400cc)くらい飲んだら足が浮腫んでしまったので塩分は加減した方が良いという結果に至りました/ヨーグルトに使用の場合はこのままで良いと思います)

〔メモ〕 乳酸菌は糖などの栄養物を発酵させて乳酸を産生すること(無気呼吸)によって生命を維持したり増殖したりするためのエネルギー(ATP=アデノシン三リン酸)を作っています
nyu2

















い修慮紕押腺各するとまた泡の量が減ってきてそのうちほとんど出なくなり、匂いも薄れてくる。(始めてから7ー8日)ほどで酸っぱさがはっきり分かるほどになります。ちょっとリンゴの様な匂い。これでほぼ完成。
口に含んでみるとちょっと酸っぱいような感じ。苦みや嫌な味、腐敗臭がしなければ成功です。

熟成したものはしばらくはそのままで取っておけます。(冷蔵庫に入れると発育が止まってしまう)時々、あら塩と黒糖を与え続ければずっと保存できるそうですよ。まあ、使いながら作れば良いでしょう。。

米のとぎ汁で乳酸菌を培養する——米胚芽の発育促進効果 『ことば・その周辺』
ここまでの説明は上記サイトの説明と私の経験を混ぜています。『ことば・その周辺』サイトではもっと詳しい説明がなされていますので是非、覗いてみて下さい。
*********
ですが。。最初のうち5ー6本は全て失敗しました。臭かった物ではトイレを洗い。苦みがあった物はお風呂に入れて使いました。(肌にはとてもいい感じでしたよ) 原因は澱粉が少なかった事、温度が低かった事、日光浴をさせていなかった事、水が今ひとつよくなかった事でした。(u_u*)
nyu













(追記) 私は白米と発芽玄米(作り置きの冷凍保存)を混ぜて炊くのですが、発芽玄米も混ぜて白米と一緒にお米を研ぐと少し発酵が早くなりましたよ。
******
さて、ここからヨーグルトに挑戦です。粗塩+黒糖+にがり(ミネラル)を入れ、屋根の上で日光浴したボトルはパンパンになり大きく「(プ)シュッ〜ッ」が聞けました。(やはり温度が大切)10本目位から上手くいく様になったので、ミネラルウォターで作り始めました。

レシピは超簡単。
豆乳=9,米とぎ汁乳酸菌=1      9:1の比率  にオリゴ糖を2%.混ぜて常温放置.5〜6時間で完成すれば合格!だそうです。私は夜に仕込んで朝に食べています。(10:1の方が固めになる比率が高いと判明)

飯山氏による説明(付け足し)
*豆乳ヨーグルトにオリゴ糖を入れる理由.オリゴ糖は胃,小腸では分解されず,大腸,直腸に棲息するビフィズス菌によって分解される.つまり,オリゴ糖が大腸,直腸に来るとビフィズス菌が爆発的に増え,大腸癌,直腸癌にはならない体質になる.だからオリゴ糖なのね. 

*米とぎ汁乳酸菌でつくった豆乳ヨーグルトは最強の乳酸菌食品.つまり乳酸菌がギトギト.これが腸に入るとマクロファージが激増する.これとは別に,大腸と直腸にだけ棲むビフィズス菌を増やし免疫力を強化するためにはオリゴ糖は必須。ハチミツや甜菜糖、アガベシロップにはオリゴ等も少し含まれています. 白砂糖では代替不可能.

*ヤーコン(芋)はオリゴ糖のカタマリなので腸内のビフィズス菌を爆発的に増やす.けど秋までは手に入らないから今は『オリゴのおかげ』を買ってね!ーここまで

314713163
一番始めのヨーグルトはちょっと水っぽくてサラサラ状態。(ボトルは黒糖を入れた後で
混ぜないで撮ったのでこんな色です。
味はというと、フィルター水で作ったボトルなので、臭くはないけどちょっと苦みがあって美味しく無い。。。(ToT)

それでもめげずに改良を続け。。。。





bi


豆乳は7%のビオのナチュラル豆乳を使っています。8%だとなお良し。
あっ。ちなみに昨日間違えてカルシウム入りの豆乳で作った所固まりませんでした。 
豆乳のナチュラル(混ぜ物無し)で出来ます。






tsou
 3回目の挑戦あたりから固まってきた。でもスプーンで混ぜると下はドロッとした状態。じ〜っと見て よく考えた。。。(ー'`ー;)
この次は途中でもう一度かき混ぜてみる事に。。。
この容器250ccで大さじ1の乳酸菌




heできた〜っっ!! これ見た時は狂喜乱舞(/^−^)/♪まではいかないけど、嬉しかったな〜。は〜っ。長い道のりでした。。。
とぎ汁乳酸菌(良い味にするには水は重要)下までしっかり固まりました。今回は乳酸菌を少し少なめに(大さじ4/3)して良〜く混ぜました。夜仕込んで朝にこの状態(8時間位)。苦みも無く美味しい豆乳の味で少し酸っぱい。 超成功!!(・o・)ノ   へへっ

画像の液体砂糖はエルメスタ(合成)オリゴ入りですが昨日ステビア(天然)のオリゴ入り粉末を買ってきました。 エルメスタの成分はチクロやサッカリンですが子供の頃、食品に沢山使われて発ガン物質だと思ってたけど。。舌を赤や緑にして”べ〜”って遊んでみせたでしょ〜。時が変われば事情も変わる。。当時発ガンとされたのはそれ以外に混ぜられた物だったようで、純粋に精製された物は発癌性はないと認められているようです



yoy
もう一度。。。。
はじめによ〜くかき混ぜて、ほんの少し乳酸菌を少なくして放置
ちょっとゆるめだけど下まで固まっている。
私はオリゴ糖は無しで作り食べる時に入れました。
(最近は初めからオリゴ糖を入れて作っています)

2015年9月  現在はライスシロップを使っています。



yoyoこのゆるめのヨーグルトを常温で食べないで冷蔵庫に入れて次の日には。。おおっ。しっかり固くなっている!! オリゴ糖はヨーグルトを作る時に混ぜても混ぜなくても仕上がりは同じになりました。あっさり豆乳の味で美味しいです!でも確か、飯山氏は常温で食する事を勧めていたと思います。

豆乳の匂いが気になる場合は2〜3日冷蔵庫に放置して食べると良いかも。。


*****
豆乳ヨーグルトは,顕微鏡で見ても,乳酸菌の密度が高い.超過密乳酸菌食品だ.しかも元気一杯,活性度抜群なのだ.これは豆乳の植物性タンパク質,そして豊富なミネラル成分のお蔭!
*****
さああっ、これで放射能や大腸菌に負けない免疫力のある強靭な体を作りましょう!!!!!ヨーグルト買わなくていいし、安上がりになったね (☆゚∀゚)
ただ、日によって温度や乳酸菌の気分?によって出来具合は違う様です。時間が長くかかる事もあります。しかし、12時間を過ぎると味が悪くなる様です。必ず出来るので、色々試しながらめげないで頑張りましょう(^0^)V

7月29日追記==固まる時間が長い場合は室温が低いのかも。。暖かい所にラップや蓋をして置いてみて下さい。これで解決出来るかも。。。(最近はテレビのデコーダーの上(やや暖かい)がお気に入りの場所となっています。

10月30日追記==冬場は太陽が少ないせいか乳酸菌に元気が無いのでヨーグルトが出来るまでに時間がかかり始めました。対応策として、出来上がったヨーグルトの上澄み(乳清)を次のカップに少し(小さじ1も有るか無いか位)取ってから新しい豆乳と乳酸菌を足して作ると時間が短縮されました♪  

光を十分浴びていないボトルは元気が無いので出来るまでに時間がかかる様です。

***シカゴさん*米ぬか培養液・拡大培養・豆乳ヨーグルト  なるほど〜。

続きは 米のとぎ汁乳酸菌で作った豆乳ヨーグルト NO.2


今日の朝食件昼ご飯
アルファルファサラダ(自家製)+麻の実にチーズ、+豆乳ヨーグルトとプロテイン+豆乳シェイクをグラス一杯、 リンゴの名前はピンクレディー♪(爽やかな酸味がお気に入り)
dej

















そうそう、ライスオイル(米油)ネットでやっと見つけました。γ-オリザノール=コレステロール(LDL)の削減効果、ビタミンEなども多く含まれていて、オイルの中では一番熱に強く(240度)、あっさりしているので素材の味のじゃまにならない。揚げ物にはとても良いし料理にはとっても重宝な物です。パサついたご飯を炊く時にはスプーン1を入れて炊くと,ふっくらと美味しく炊けたよ。ネットで3本送料込み27Eなり。

ココナッツオイルはケーキやガレットにオリーブオイルは生でサラダにと用途でオイルを変える様になりました。
riz

2012年4月19日追加
**この間気がついたのですが、拍手欄からコメントを頂いていたのに、メール通知が来る訳でもなく(設定はしています)、返事は何処からしたら良いのか未だ分かりません。この場を借りて、返事出来なかった事にお詫び致しますm(_ _)m



(08:10)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

▼ 米のとぎ汁で乳酸菌を培養する(1)(2)をまとめて読む。 「米のとぎ汁で乳酸菌を培養する方法」を知ったのは〔飯山一郎のLittleHP〕というサイトに載っている<『光合成細菌』で放射能浄化!...
▼ 米のとぎ汁で乳酸菌を培養する(1)(2)をまとめて読む。 米とぎ汁を使った乳酸菌の培養を始めてから1か月以上が経ちました。その間にいろいろ試行錯誤しながら実験した結果については<米の...

この記事へのコメント

1. Posted by へわちゃん   29 June 2012 00:00
ぶぶさん、お忙しいところすみません。豆乳ヨーグルトについて質問させてください。まず、玄米のとぎ汁で作った乳酸菌は成功したのではないかと思います。しかし、ビオ7〜8%の豆乳を使ってみましたが、全然固まらなかったんです。発酵させるやり方として、秋から冬にかけてだったので、保冷バッグに湯たんぽを入れ、温度を暖かく保ち発酵をほどこすようにしました。二度挑戦しましたが、一度目は一日経っても固まらず、二度目の時は豆乳にスが入ってしまったようになり、黄色い透明の液体が多く、ぶぶさんのようなヨーグルトとはほど遠いかったです。にがりがないとダメなのかしら?オリゴ糖もないので、それが原因なのかな、と。7月中旬に三週間ほど日本へ帰るので、その時ににがりとオリゴ糖をゲットしてこなきゃ!何かアドバイスがありましたら、時間のある時で良いので、お返事お待ちしています。急ぎではありませんので…。ところで、素敵なブログですね!ちょこっとのぞいてみましたが、原石を使った手作りアクセサリーがとても素敵です。お料理の写真の画像も綺麗で気に入りました。今のところ、ビオのビフィダス菌入りのヨーグルトを購入していますが、これを食するようになってから、肌の調子が良いです。口内炎ができにくくなったんですよ。それでは、お元気で。
2. Posted by ぶぶ   29 June 2012 11:20
へわちゃん,こんばんは。
さて、私で助けになるかどうか試してみましょう。
玄米のとぎ汁いいですね〜。お米より発酵しやすいです。
家は発芽玄米と白米MIX なので玄米からの米ぬかは余り期待出来ません。。

保冷バッグに湯たんぽを入れ、温度を暖かくしているとのことですが、ヨーグルトが出来るまで
短くても6ー8時間。長くて10時間くらいかかります。その間35度以上の温度が保たれているでしょうか。。
時間を長く置くとスが出来る様で、へわちゃんの場合は分離も始まった様なので予定時間をオーバーしている様です。
ヨーグルトがふるふるっと固まった時点で冷蔵庫へ入れ2ー4時間で硬めの物になります。
もしかして、容器の高さが高すぎないですか? 
私は画像の蓋付きの250cc高さ5cmの容器でデコダーの上で8時間で作っていましたが、ヨーグルトメーカーを買ってから
付属の高さ7−8cmのガラス瓶で作った所、温度が高いのにも関わらず固まるのに10時間かかりました。味も前の方が美味しかったのです。
なので何故なのか考え中です。。。。

先ずはとぎ汁からですが、粗塩をいれ黒砂糖を入れ振った後に泡がたち、ふたを開ける時にシュパッとガスがでましたよね。
匂いはリンゴの様なちょっと酸っぱい匂いはしてましたか。(玄米だけだと匂いも糠に近くなるかもしれません。。)
2度目の挑戦でスが入っていたという事なので、乳酸菌は発酵はしていたようですね。
にがりはミネラル分を+する為なので無くても出来ますが入れた方が美味しい様な気がします。
3. Posted by ぶぶ   29 June 2012 11:21
この次作る時には濃度は濃いのを作ってみて下さい。私は3合の白米と1合の(発芽の為に既に洗った)発芽玄米で500ml〜400mlくらいです。
とぎ汁は次から次と出来るしそんなに一度に使わないので少なくていいですよ、濃いめに取って下さい。
ヨーグルトの味が悪くなり始めたら残った物はお風呂に入れています。(硬めのお湯が柔らかくなるし肌にもいいです)

とぎ汁をボトルに入れる時に(4ー500mlに対して)粗塩を大さじ山盛り1を入れて良く振る。(飲まないのでお塩は多めにしています)
同時ににがりを大さじ半分位入れます。確かスイスにお住いでしたね。にがりも同じ物があると思いますが。。(詳細は下記)
2ー3日暖かい所(30−40前後といっても私はアバウトに窓の近くの暖かい所/曇りの日は25度くらいにしかなってないかな)に置き、
その間、太陽が出た時はボトルを直射日光に当てると温度上昇が早いです。(天気の良い日はこれで振った後にガスが出ている筈です)
ーーボトルは気がつく度に、1日何回も良く振って下さい(上に白い膜がある筈です)
2ー3日後の元気よくガスが出た時に、黒糖を大さじ2入れます。

        ****
粗塩はスーパーで売っている灰色で水分の多そうな物を。(私はGuerandeですが土地の物が安いですね)
にがりはビオのショップでNigariと書いてある(メーカーCelnat)で売っています。他のメーカーであるかも。無い場合はネットで買えます。
黒糖 sucre de canne semoule fonce HYGIENA (砂糖は精製されてない天然の状態)ミネラルや他の成分が多いのでこの類いが良いかと思います。
4. Posted by ぶぶ   29 June 2012 11:22
問題はヨーグルトに入れるオリゴ糖ですが、今まではオリゴ糖入りステビアを使っていましたがもう少し濃度の濃い物で
こちらで手に入る物を今、色々探している最中でした。

フラクトオリゴ糖=fructose, appeles fructooligosaccharides (F. O. S. )
Les fructo-oligosaccharides a courte chaine sont obtenus par biotechnologie douce a partir du sucre de betterave. (甜菜)
Reconnus pour leurs bienfaits nutritionnels, ils aident la flore intestinale dans son role essentiel de protection de l'organisme.

オリゴ糖は乳酸菌との相乗効果を狙って使う物なので、固まり具合とは関係しません。
(日本で市販のオリゴ糖製品には成分の低い物がある様です。ヨーロッパにこういうシロップは売ってないです)
シロップはオリゴ糖に水や砂糖、蜂蜜を足して美味しく作った物です。
こちらで直ぐに手に入る物で比較的オリゴ糖の成分が高い物はsirop d'agave (アガベ シロップ)ですがフルクトースを「低温処理」したものです。フルクトース(果糖)90%
といいつつ、先日、かなえ(日本食スーパー)で北海道のてんさい糖を買いました。750gで7ユーロでした。どのくらいオリゴ糖が入っているのか分かりませんが、
他の物が見つかるまで、ヨーグルトに入れています。そんなに甘く無いです。
5. Posted by ぶぶ   29 June 2012 11:23
日本では「ラフィノース・オリゴ」という物があります。http://www.genryoya.com/products/detail.php?product_id=1164 
http://rafiorigo.ni-3.net/

ヤーコン粉(フラクトオリゴ糖)緑の粉もネットで見つけて買ってはみた物の、
根の部分ではなくて葉の部分だったのでやけに苦い。日本で買っていたオブラートに包んで時々飲んでます(ToT)
世界1の甜菜糖の生産率を誇るフランスでこんなに探すのが難しいとは。。(-_-;) 
以前ダイエットの目的でVivisのfructose(甜菜の果糖)を使っていたらお腹にガスが溜まって大変な思いをしました。
ヨーグルト食べていなかったし、多分、砂糖を辞めて極端に摂取したからだと思っていたら やはり。。
調べてみたら合わない人とか、量が多いとガスが溜まったり腹痛、下痢症状が出ると書いていました。
チコレ(chicoree )にもフラクトオリゴ糖/イヌリンが多い様です。

日本では2002年から ”ネスレのミロ”にはフラクトオリゴ糖を強化したタイプが出ているそうです。
私も子供の頃に飲んでたミロ。引き続き沢山の子供達に飲んで元気になって欲しい物です。。
6. Posted by ぶぶ   29 June 2012 11:23
なるほど、やはり体の調子が改善されましたか。
50歳前後を過ぎる位から、腸内の乳酸菌が少なくなってくるので、足らなくなった分を補わないと腸の調子が悪くなり体の免疫も低下します。(なので老化も早まります♪)
決めては”腸”なんですね。ここが健康であれば元気でいられるという訳です。そういう訳で発酵食品や乳酸菌について興味を持ったのです。
豆乳嫌いなパートナーが豆乳ヨーグルトを食べ始めたのは、私は全然風邪を引かないのに、その隣で自分はこの冬何度も風邪を引き抗生物質を飲んで苦しい思いをしたので
私の説明を信じるまでに至った訳です(^^ゞ  今では美味しいと毎日食べてますよ〜。味は慣れもありますね。
ただ、回数を重ねる毎に発酵させるコツが分かってくるので、ヨーグルトはだんだん美味しくなってきます。



先日豆乳ヨーグルトの進化版として、手っ取り早いプロバイオティックを買いました。Beneflora/ORTIS これにはチコレからのフラクトオリゴ糖
のほか6種類の乳酸菌が入っていて、必要な物は揃っています。フランス人はこれを小さじ1位、自家製ヨーグルトに入れて2回めからは出来上がったヨーグルトの半分の
ヨーグルトを使って6回位まで培養して使っている様です。(なんて経済的な方法!)他には BIOPROTUS 7000などあり。

乳酸菌・ビフィズス菌の買い方・選び方 乳酸菌・ビフィズス菌商品の買い方・選び方
http://www.kaikata.com/health/kaikata/kai_s139.html
随分長くなってしまいました。。。m(_ _)m
7. Posted by へわちゃん    2 July 2012 06:07
ぶぶさ〜ん、こんなに早くお返事が頂けるとは思っていなかったので、コメントの返信読むのが遅れてしまいました。ご丁寧で詳しいアドバイスをどうもありがとう!感謝です。ヨーグルトの容器ですが、高さ12センチのものを使っていますが、高すぎですかね?ぶぶさんが最初に使用していた容器はわりと低めなので、その方が固まり具合が良くなるのかしら。湯たんぽでの保温は常に35度は保てていなかったと思います。それで湯をとりかえてまた発酵させていたので、長くかかりすぎて、発酵しすぎたのかもしれません。とぎ汁は酸っぱい香りがしていたし、炭酸も出ていたので、成功したいたと思います。日がたつにつれ、黒糖を入れても炭酸が出なくなってきましたが…。
そうですが、オリゴ糖はヨーグルトの固まり具合と関係してなくて、善玉菌を増やす役割を果たすんですね。今のところ、アガベシロップで代用していますが、Reis Siropもオリゴ糖が含まれているので、良さそうです。にがりがBioの店で買えそうですね。今度見てきます。私は豆乳を飲むのは苦手ですが、ヨーグルトだとおいしくてパクパクいけます。ぶぶさんは、プロバイオティックの菌を購入されたんですね。それも手っ取り早くて良いですよね。私は今のところ、市販のBio豆乳ヨーグルトを豆乳で培養して増やしていましたが、味が良くなくてやめました。今はとにかく、自分で作った米とぎ汁乳酸菌から豆乳ヨーグルトを作って成功させるのが目標です。今月中旬に日本へ帰るので、スイスにも戻ってきたら、再挑戦します。暖かい気候の時の方が、成功しやすそうですから。
ぶぶさん、これだけのレスを書くのにずいぶんと時間を費やされたことでしょう。大変時間のかかる作業です。本当にありがとうございました。
8. Posted by へわちゃん    2 July 2012 06:09
読み返さずに、ざ〜っと書いたので、脱字、誤字が多くありますね…。ごめんなさい。
9. Posted by ぶぶ    2 July 2012 10:16
へわちゃん こんばんは、昨日の原発デモ皆さんよく頑張りましたね〜。私は一晩中、ネットに張り付いていました。これで、沢山の人がこれではいけないと行動を起こして、日本が良い方向に変わる事を切に願います(*´艸`*)  では、ヨーグルトの件。もう一つ考えられるのは、乳酸菌の量です。
多すぎると固まりにくいです。10;1くらいが硬めに作れます。
乳酸菌は確かに日が経つにつれ炭酸が出なくなってくるのですが、発酵が上手くいった場合は2週間位は毎回振った後、元気な泡が沢山上がってくるのが見えます。(シュワシュワというよりきめの細かい泡が、ザーッと上がります)
ああ、そうだ。黒糖を継ぎ足す際にお塩も足した方が良いですよ。

そちらでは、Reis Siropというもの(甜菜糖のシロップ)が売っているんですね。
フランスにもcassonade Graeffeというのがある様ですが、何故かベルギーやフランス北部なので、送料を考えるとお砂糖ちょっと高くつくかな。
確かに市販の豆乳製品はヨーグルトに限らず美味しく無いです。豆腐ハンバーグ試してみましたが、全部食べられませんでした。。。

この2ー3日食後にお腹がゴロゴロいっています。下痢等はないのですがやはりお腹が張ってきた。日本食で買った甜菜糖止めようかなと思っています。。(そういう症状が出る人も居る様です)
10. Posted by ぶぶ    2 July 2012 10:21
容器の高さが固まり具合に関係するのかといえば、答えはノーの様です。牛乳パックのまま作れる様ですし(-_-;) ただ、私は硬めのヨーグルトが好きなので、単純に容積は同じでも高さが低い方が固まりやすいと思っていたのです。。。1Lの牛乳パックでしっかり全体が固いヨーグルトになっているのでしょうかね〜。検索していたら面白い説明のサイトがありました。炊飯器という手もある様です。
手作り健康食品 しまちゃんの自家製ヨーグルト研究室 http://kiz.tonosama.jp/hobby/yogurut/probaio.html
ヨーグルトメーカーでパン生地の発酵。なるほど、今度やってみよう〜!

それから元祖、飯山さんのホムペです。ここでは、沢山の方が話しているので、分かる事があると思います。シカゴ・ブルースさんは、実験分析していらっしゃるので分かり易い説明をしてくれていますよ。お時間のある時に覗いてみて下さい。

★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=13157844
私の頭の中の整理も兼ねて返事していますので長くなってしまい ゴメンナサイね。
日本への里帰り、十分満喫してきて下さい。(^_^)/
11. Posted by へわちゃん    4 July 2012 00:15
ぶぶさん、お返事またまたありがとう。日本の原発デモは、私も中継で見ましたよ。なんか最近涙もろくなったなあと思います。皆の気持ちがヒシヒシと伝わってきて、そしてそれでも再稼働されてしまった事実が悔しくて、泣きました。ほんとに、悔しい!でも、これから始まったばかりですよね、まだ他の原発もあるし、目が離せません。
さて、話は変わり、もらったお返事はプリントアウトして、今後の参考にします。Bioショップで購入したReissiropは甜菜からではなく、お米からとれるもののようです。オリゴ糖が含まれていて、ミネラル、カリウム、カルシウムと書いてありました。アガベを使っていたけれど、今日Reissiropを買ってきました。日本でお料理に使おうかな、と思っています。そんな料理している時間があるかわからないけれど、移動も多いと思うので。京都をティーンの娘達に見せたいなあと思いまして。そんなことはどうでもいいですね、はい。シカゴブルースさんの記事も一週間前に見つけて読みました。色々サイトがあって楽しいし、参考になりますね。ぶぶさんは欧州在住なので、どうしてもこちらのサイトを参考にしてしまいますが。飯山さん、いい味だしてますよね、なんだか元気がもらえます。私もアセンションについていけるかな?フフフ…。日本への里帰りは、娘達も一緒で実は気が重いんですけど、覚悟して、気をつけられるところは気をつけて、二年ぶりに行ってきます!ぶぶさん、時間を割いてくれて、どうもありがとう!
12. Posted by ぶぶ    4 July 2012 04:39

本当に。。 年と共に涙腺だけでなく色んな所が緩んできますね。 しかたないけど。。 (-_-;)

シロップは、Reis Siropで画像検索したらGrafschafter Goldsaft(甜菜シロップ)これがヒットしたのでてっきりスイスにある物だと思ってました。。
へわちゃん、Reissirop。これドイツ語でライスシロップという意味ですよね。検索してもヒットしない筈です。理解するまでにちょっと時間がかかりました。。(-.-)
商品名では Sirop de riz=Reis-sirup がありました。。ああ、ややこし。。。
私は近所にLimaのがあるので時々使っています。懐かしい日本の味ですね〜。でも、美味しすぎて太りそうです。
今日からお腹は張らなくなってきたのですが、ネットで調べていたら、シコレのオリゴ糖も初めはガスが溜まる事がある様です。(その後はおさまるらしい)

まあ、お米のとぎ汁はいつでも出ると思うので、ボトルにいれて暖かい所に放っておけば今の時期だと出来ていると思いますよ。
ヨーグルトも作ってみると考えているより意外と簡単に出来るかもしれませんね♪ 夏場は上手くいくチャンスです。

ぶぶ一家、来月は海に行くのでぼちぼち夫婦でダイエット始めてますが、今年は手遅れかも〜っ!
なので、夏の定番のフムス(ひよこ豆)も今年は作っていません。
へわちゃんの娘さん達、大きいのですね。たまにはお母さん辞めて女同士で楽しんでみては〜(*^_^*)
13. Posted by ぶぶ    4 July 2012 04:39
そういえば、随分前に私達が京都へ行った時は、とても暑くて湿気がありお寺に行くたびに蚊に刺されて顔までボコボコになり、
あちこち痒くて爆発しそうでした。。(蚊に刺されやすい体質なので。。血が甘いのか??)刺された場所は2−3cmに膨らむのです。

シトロネラ、レロモングラス、ユーカリレモン、ラベンダーなどを単体または混合で、ミントやラベンダー蒸留水50mlに10滴 で混ぜスプレー容器へ。
あれば、グレープシードオイル 種の方です(L'extrait de pepins de pamplemousse=Citro plus800 を数滴入れておけば長持ちします。
シードオイルは保存剤、消毒剤、風邪の引き始めに飲用したり、切り傷、真菌などにもTee treeと同じ位頻繁に使える常備薬です。
蚊に刺された後の精油(TEGAROME)などブレンドした物もがありますのでお勧めします。(まあ、日本でも売ってますけどね)

子供達と水入らずで一緒に旅行出来るのは、後数年ですよ〜。良い思い出を作ってきて下さいね (^_^)/
14. Posted by へわちゃん。    4 July 2012 05:24
私、またお返事書いています。おい、おい、文通かい?って感じですね。(・∀・)私も涙腺だけじゃなく、あちこち緩んでいます。
Zumbaを踊ったり、ヨガやったり、フィットネス系が好きなので色々試していますが、そうするとすごくお腹が空くんですよ。運動したからいいか〜って、ガツガツ食べて、夫の倍食べているがいけないんです。この食欲、誰かとめて〜!
そうか、フランス語ではSirop de rizですね。ごめんなさ〜い、てっきりReissiropで通じると思ってました。甜菜シロップも売っていますが、どのシロップもわりと高いんですよね。ぶぶさん、海へ行くんですね〜。日焼け対策ばっちりですか?私は二月にモーリシャスで日焼けしすぎて、シミできました。
フムスは大好きですが、自分で作ったことないんです。これも豆ですから、もちろん食べ過ぎは太りますよね。私は豆類が大好きで、レンズ豆、ひよこ豆、大豆、うずら豆など、カレーにしたり、サラダにしたりと楽しんでいます。
やはり、京都は暑いんですね。お勧めできないと、友人に言われました。蚊よけスプレーは、日本では必需品ですね。なるほど、手作りスプレー、いいですね!そうですね、娘達と一緒の旅行も後数年だと思うと、今を楽しまなきゃと思います。ですが、女の子ですし、年齢が年齢なだけに、お互いにぶつかり合うことが多く、小さい時はよかったなあ、なんて懐かしく思います。
それでは、また!
15. Posted by ぶぶ    4 July 2012 05:50
私は家でコアリズム!! (*´艸`*) 
海ではパラソルの下で大きなお帽子被って日焼け止めもちろん塗って”ぐうたら”するのが大好き! 毎年夏は1ヶ月おもいっきり太陽を浴びて次の1年に備えます。ってなんかクマみたいですね。出来たシミは冬の間に色々ぬりぬりして取ってしまいます。まあ、取れないのは皮膚科でアゾットなんですが、結構痛いのでね、そこまでいかない様に気をつけています。モーリシャス o(゜∇゜*o)豪華ですね。行く機会があった時にはお金が無く、行ける様になったら機会が無いまま時間が過ぎました。一度は訪れたい所ですよね。
ーーー
でも、京都は暑いけどシンボル的な古都なので、子供達の為にも一度は訪れてみた方がいいかもですよ。そうそう、子供が小さく手間がかかる時は”早く大きくなれい”と思い、大きくなったら、何でもOuiって言ってたPetit息子は何処いった〜っと、昔のビデオを引っ張りだす始末。ったく。
無い物ねだりでこまったものです(u_u*)  それでは、くろヤギさんから一度〆ます。
お帰りになったら、またお話聞かせて下さいな (^_^)/

早々豆はパワーフードなのですが、パワーありすぎで。。。。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字